ウムリンは妊娠中も服用すべきなのかを徹底調査しました!

卵子の質を高める事で妊活力をアップする効果のある妊活アプリ・ウムリンですが…

 

妊活中だけでなく妊娠後も出産まで服用を続けることが推奨されています。

 

なぜかと言うと、ウムリンは妊娠中に必要な葉酸の吸収をサポートしたり、栄養吸収を高める効果や、梅自体の持つ健康に良い様々な効果をもたらしてくれるからです。

 

ウムリンを販売しているワノミライカ株式会社では、妊娠後の身体に最適な葉酸サプリ・ショウガヨウサンも取り扱っています。

 

ウムリンとセットで服用することで相乗効果が期待できたり、葉酸・生姜・11種類の栄養素もあわせて補給できるようになり、妊娠中の体内環境作りに大変役立ちます。

 

妊娠中もウムリンを服用すべき?

 

ウムリンを服用しつづける事で、卵子の状態が良くなり、受精する力が高まります。

 

そして無事に妊娠する事ができたら、ウムリンを飲む目的を果たした=ウムリンの服用をやめよう、と思われるかもしれません。

 

実際、妊娠したらウムリンの服用をやめても良いのでしょうか?

 

その答えは、できれば「妊娠してからも出産まで服用を続けたほうが良い」です。

 

製造元も公式サイトのFAQコーナーにて、妊娠後の服用を薦めています。

 

それはなぜかと言うと、理由は3つあります。

 

葉酸との相乗効果で栄養補給効果を高める

 

胎児の健やかな発育のため、妊娠中の服用を薦められている「葉酸」とウムリンは非常に相性が良いです。

 

この2つをあわせて摂取することにより、より有用性を高めたり、母体と胎児の栄養補給効果を高める働きがあります。

 

梅による様々な働き

 

原材料となっている梅(梅酢)は、昔から健康食品として非常に有名です。

 

その梅には、様々な病気・食中毒を予防する効果や、血流の流れをスムーズにする効果や、食欲を増やす効果、カルシウムの吸収を高める効果など…

 

研究により非常に多くの効果が解明されています。

 

梅は身体中への健康効果が期待されているので、妊娠中の健康管理に非常に有効です。

 

効率的に栄養分を体内に取り入れる効果

 

取り入れた栄養を、より効率的に体内に運ぶ効果があります。

 

以上のように、妊娠中に摂取したい代表的な成分「葉酸」との相乗効果が見込めたり、古来から健康食品と伝わる梅のパワーにより、妊娠中の身体を助ける働きが多くあります。

 

特に妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分まで栄養を取る必要があるため栄養補給に関して意識する必要がありますが、

 

つわり時は食が進まない事も多く、思うように栄養が取れなかったり、食べなきゃという気持ちがプレッシャーに繋がってしまう場合もあります。

 

そんなデリケートな妊娠中にも嬉しい効果が、ウメリンにはギュッと詰まっています。

 

味自体も爽快感があって大変美味しいと評判で、妊娠中や、ドリンクタイプでならなんとか栄養補給が出来るという吐きつわり中にも服用しやすいです。

 

妊娠中に相性の良い葉酸サプリ

 

「妊娠後もウムリンを服用すべき?」にて、葉酸とウムリンは相性が良い事を説明しましたが、

 

ウムリンの販売元ワノミライカ株式会社では、葉酸サプリとウムリンをセットでお得に購入できるタイプの定期便も用意されています!

 

この葉酸は「ショウガヨウサン」と呼ばれる、生姜とブレンドされたタイプのサプリメントで、胎内で健やかな赤ちゃんを育てるために効果的な成分で構成されています。

 

葉酸には子宮内膜の質を高めたり、赤ちゃんの神経系障害のリスクを低くしたりする効果があり、ウムリンは葉酸の吸収力をアップさせる効果もあります。

 

葉酸以外にもたっぷり配合された生姜での温活効果や、11種類も含まれた栄養素で、ママと赤ちゃんの元気な身体作りをサポートしてくれます。

 

ウムリンとセットで購入することにより、このショウガ葉酸サプリを毎月3,000円offの2,980円(別途ウムリン代がかかります)で購入することができます!

 

妊娠後は、ウムリンとあわせてショウガ葉酸サプリも服用し、万全の状態で妊娠生活を送る事ができればより安心ですね。

 

>> ショウガ葉酸の詳細はこちら